プロフィール

P177・ミツコ

Author:P177・ミツコ
ゲームの制作状況などを書いていきます。

最新記事
月別アーカイブ

スポンサーサイト

--.--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「イノセント」について

Sun.12.12.2010 0 comments
入り口のイラストを更新しました。
本当は英心ひとりの絵だったんですけど、
enterのスペルをentarと間違え没になりました。
一体なんどentarイラストを作ったのか覚えていませんが、
実にあほだな、と笑ってしまいました。
そのうちブログにイラストをアップしようとおもいます。

以下「イノセント」について

イノセントはfoolishのリベンジというか、
似たような雰囲気の作品を作ろうとしたゲームです。
今思うと、結構過激かつ衝撃的な設定ですね。
孤児院に入った主人公と、
そこに済む友達やら先生やら変人やらと静かに恋をする冬のお話です。
chaosと比べると、ドラマチック加減が増しているような気もします。

途中でお互いに思い合ってることをうっすら勘づいたり、
最後の最後まで気づかなかったり、
キャラクターによってかなりその辺の描写が変わっています。
前者はそのうえで、お互い距離をどう保つかで悩んだり
後者は気づいていないから意識せずに離れてしまったり、
色々と悩みは尽きない恋愛になっています。
のっけから告白してくるキャラもいるし、
振り回したり振り回されたり、そういった意味でもドラマチックになっております。

この作品しかりchaosしかり、思春期感が半端じゃないです。
キャラクターはまだ高校生ですから、色々と足りない部分があります。
最近作ったゲームだと、その辺の若者らしさが足りないかなぁ、なんて反省しました。
キャラクター作りにおいて、欠点の描写というのはすごく大切だと個人的には思っています。
いいところばかり並べても恐ろしく完璧な人が誕生してしまうだけで、
欠点をどれだけ丁寧かつやりすぎないように描けるか、
そこでキャラクターの人間味(不思議な言葉ですね)が生まれたり
愛着をもてるキャラクターが生まれるのではないでしょうか。
欠点だらけでも、扱いに困ってしまうのでその辺のさじ加減は難しいですね。

イノセントを作っているあたりから、
キャラクターの欠点を主人公が受けいれ、主人公もまたキャラクターから影響をうける
最終的にお互いにポジティブな方向へ進んでいく
そんなゲーム作りを意識するようになりました。
イノセントは結構暗かったり、成長しきれていない部分も多くあるのですが、
主人公とキャラクターの関係は濃密になっていると思います。
イノセントを作ったことで、演劇部の軸がぶれなかったような気もしています。

このちょっと暗めのゲームを作った反動は大きかったです。
次は「その男、観月」
驚愕のギャグゲーのレビューをしようと思っています。
スポンサーサイト

« 「その男、観月」について - Home - 「CHAOS」のこと »

- comments
0 comments
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

- trackbacks
0 trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

topTop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。