プロフィール

P177・ミツコ

Author:P177・ミツコ
ゲームの制作状況などを書いていきます。

最新記事
月別アーカイブ

スポンサーサイト

--.--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「水になる日」について

Tue.11.01.2011 0 comments
以下、水になる日について 完成間近にデータがすべて吹っ飛ぶという、
恐ろしい経験をした思い出深いゲームです。
半ばやけになりながらリリースした作品なので、
後悔多し、熱の入り方のやばさは今までで一番、
という制作者としてはかなり訳のわからないゲームになっています。

舞台は普通の高校。
登場人物は出来上がってしまった変な奴。
ポジティブに生きるか、ネガティブに生きるか、
選択肢によって変化していきます。
どのキャラクターも自分の欠点を痛いほど分かっているので、
主人公の言葉ひとつひとつに救われたり、傷ついたりします。
主人公のために何かしてくれる、というよりも
二人で支え合って何かしよう、といった雰囲気のゲームです。
そのため、主人公が受け身のまま、都合よく優しくしてくれるキャラはいません。
いるにはいるんですけど、
そのまま突っ走ると危ないエンディングになったりします。
全体的に、暴力的であまり優しさを感じられないゲームかもしれません。
恋愛自体は、結構甘めだと思います。

自分を認められず虚勢を張っている人、
自分の異常さに気付きつつ突っ走る人、
常識とそこに当てはまりたくないという葛藤に悩む人、
怖がりでうちにこもってしまう傷つきやすい人、
すべてを諦めて流れるように生きている人、
攻略キャラクターはどいつもこいつも大変な事態に陥っています。
彼らに合わせるのも、彼らを変えるのも、
すべては主人公の言葉次第です。

水になる日、は
本当に、自分でもよくわからないゲームなのですが
なぜか嫌いになれず、公開の取り下げも出来ずにいる作品です。
文章量はいつもどおりなのですが、スチルが少なく、
万人にはお勧めできないゲームです。
ただ、時折熱烈な感想メールを頂いたりもして、
はまる人にはしっくりくる作品なのかもしれません。
フリーならではの、少数派向けゲームだと思います。
スポンサーサイト

« 「僕達が、ヒーロー改め演劇部!」について - Home - タイトルなし »

- comments
0 comments
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

- trackbacks
0 trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

topTop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。